2023Annual Sakura Festival Hirosaki Park and the world's best row of cherry blossom trees Mt. Iwaki

ため息が出る程美しい。一度は行ってみたい日本一の桜の名所、日本一とも言われる弘前公園の桜を、ぜひ見にお越しください。過去のさくらまつりの記事はこちらこんにちは。青森の浅虫温泉にある老舗旅館「椿館」です。NOTE:How to read椿館:Tsubaki-Kan(Hotel name)浅虫:ASAMUSHI(Place name)浅虫温泉:ASAMUSHI Hot spring自家泉源9本の源泉かけ流しの歴史ある温泉宿です。当館の詳細は、ホームページをご覧ください。2023年の弘前さくらまつり!開催期間は、2023年4月21日~5月5日に決定!2021年に公開された加賀まりこさんと塚地武雅さんが親子役で共演した「梅切らぬバカ」という映画で、一般の方々にも広く脚光を浴びる様になったと思われる言い伝えで「桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿」という言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。つまり、桜の木は切り口からばい菌が入り腐りやすく、むやみに剪定してはならない。と言われております。しかし、弘前公園の桜はりんご栽培を応用した剪定技術を使って桜の樹の管理をしているのです。りんご栽培は実の収穫をしやすくするため、また日光が均等にあたるように、枝が横に張るように剪定しますが、この技術を応用して桜の房に栄養を与える事で、花の数を増やし、濃密な桜の枝ぶりが誕生したのです。これが日本一と言われる弘前公園の桜を作り出していたんですね!ソメイヨシノは、日本の原産種であるエドヒガンとオオシマザクラの交配種で園芸栽培用の品種で、誕生してから200年程度と歴史が浅く、100年を越える老木が少ないそうです。ソメイヨシノの寿命は50~60年ではないかと言われているとのことですが…弘前公園には樹齢100年を越えるソメイヨシノが300本以上もあり、その管理技術は日本一だと専門家からも絶賛されているそうです。それから、弘前さくらまつりがあまりにも有名な為に比較的に知られていないのが弘前さくらまつり公式ホームページをご確認ください。弘前公園の桜(ソメイヨシノ)は、満開以降もしばらく楽しめることも特徴です。桜が散る頃には「花吹雪」「花筏」が見ごろになります。また、ソメイヨシノよりも少し遅れて本丸の、ヤエベニシダレ、ピクニック広場の弘前雪明かり(Log)など、こちらは、さくら祭り後半でも楽しめることと思います。ちょうど、ゴールデンウィーク頃の予定ですので、宿の手配などはお早めにお願いいたします。当館から、弘前公園まではお車で約1時間ほどの距離です(期間中は混雑が予想されます)この機会に、日本一の桜の名所に咲く「日本最古のソメイヨシノ」と、浅虫温泉最古の歴史と、棟方志功ゆかりの宿 椿館をお楽しみください。3月17日予約開始!3月31日~6月30日まで対象

Hirosaki Park is one of Japan's most popular cherry blossom viewing spots for sakura festival 2021

昨年2020年に、記念すべき100回目の弘前さくら祭りは、 新型コロナウィルスの影響で残念ながら中止されてしまいましたが、 今年2021年の弘前さくらまつりは新型コロナウイルス感染症対策を講じて実施されるようです。 弘前の桜まつりがどれだけ素晴らしいかについては、昨年の記事として書いていますので是非一度お読みいただければ幸いです。↓↓↓ 日本一の桜の名所で人気の弘前公園 こんにちは。青森の浅虫温泉にある老舗旅館「椿館」です。 自家泉源9本の源泉かけ流しの歴史ある温泉宿です。 当館のご紹介動画はこちら▼ 当館の詳細は、ホームページをご覧ください。 弘前さくら祭り:2021年4月23日(gold)~5月5日(Water Celebration)

Hirosaki Park is popular for the best cherry blossom spots in Japan at Sakura Matsuri 2020

一生に一度は行ってみたい日本一の桜の名所、日本一とも言われる弘前公園の桜を、ぜひ見にお越しください。 こんにちは。青森の浅虫温泉にある老舗旅館「椿館」です。 NOTE:How to read 椿館:Tsubaki-Kan(Hotel name) 浅虫:ASAMUSHI(Place name) 浅虫温泉:ASAMUSHI Hot spring 自家泉源9本の源泉かけ流しの歴史ある温泉宿です。 当館の詳細は、ホームページをご覧ください。 2020年は、100回目の弘前さくらまつり! 開催期間は、2020年4月23日~5月6日 さて、日本一の桜の名所と言われる弘前公園ですが、昨年のランキングで見てみましょう。 まず、楽天トラベルの「マイトリップ」によると昨年 【2019年】今年見に行きたい!桜の名所・お花見スポットランキング ユーザ投票で2019年みんなが見に行きたい桜の名所・お花見スポットランキングが決定!2,000票以上の中から人気No.1に輝いたのは!? 青森県の弘前公園です!! 出典:楽天トラベル「マイトリップ」様公式サイト 次に、LINEトラベル(旧トラベルjp)の 「一度は行きたい桜の名所!専門家が教えるお花見スポット2019」 青森県の弘前公園です!! 出典:LINEトラベル様公式サイト 全国各地の名所をおさえて栄えある1位になったのは、青森県の弘前公園なのです! 毎年、この桜を見に全国から200万人が訪れています。 弘前さくらまつりは、大正7(1918)年5月3日に弘前商工会が「弘前観桜会」を始めてから、 2020年で100回目の開催を迎えます。(昭和36(1961)年、弘前さくらまつりに改称・戦時中中断) この機会に「日本一の桜の名所」に訪れてみてはいかがでしょうか。 どれほどきれいかとと言いますと…。 「ため息が出るほどきれい」 「ここの桜ほど見事なものはない」 「ダントツ1位」 などなど全国から熱い声が寄せられています。 (2018年4月7日朝日新聞より抜粋) その理由の一つには、ここにしかない周辺環境と桜の調和にもあるようです。 弘前城、その城壁や堀、公園内の松、そして満開の桜の先に見える岩木山… この時期の岩木山は芽吹きが始まりどことなく春色になりつつも、Continued